News&Topics

News & Topics 日高高校での出来事

見学旅行4日目

恩納村にあるリザンシーパークホテル谷茶ベイに宿泊した生徒たちは、午前中マリン体験などをして、沖縄を満喫していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは、ホテル内のプールやビーチ、ホテル周辺の施設などを散策したり遊んだりしました。

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよ、沖縄の地を後にします。

10月20日(日)合同学校相談会(札幌開催)

 道内で開催している『不登校・高校中退生のための合同学校相談会』に日高高校も今年度より参加することになりました。事前申し込みは必要ありません。直接会場にお越し下さい。

 

・日時:10月20日【日】13:30~16:30

・内容:学校説明・相談会

・会場:札幌コンベンションセンター

見学旅行3日目

3日目の今日は、お待ちかねの美ら海水族館でした。

 

 

 

 

 

イルカショーを鑑賞し、展示の目玉であるジンベイザメをはじめとしてさまざまな海洋生物を見ることができました。

 

 

 

 

 

昼食後は瀬底島、万座毛ビーチを訪れ、沖縄の自然を満喫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学旅行2日目

2日目は世界遺産の首里城を訪れました。

 

 

 

 

 

守礼門で記念撮影をし、ガイドさんに城内を案内してもらいました。

 

 

 

 

 

その後、糸数ガマを訪れ、戦争の悲惨さを皆で共有し痛感しました。

 

 

 

 

 

 

沖縄ワールドで昼食を摂り、平和祈念公園、ひめゆりの塔記念碑を訪れ、最後は夕食を兼ねた自主研修で一日を終えました。

 

 

10/8 教具贈呈式(教育弘済会贈)

 10/8(火)、公益財団法人 日本教育公務員弘済会北海道支部の教育文化事業(スクールアシストパック)に、日高高校の教育実践が評価されたことを受け、教具(トランシーバー一式)の贈呈式が行われました。

 

 贈呈されたトランシーバーは、今後屋内外での行事や防災時の連絡手段として活用させていただきます。贈呈いただきありがとうございました。

見学旅行1日目

いよいよ見学旅行が始まります。寝坊もなく全員時間通りに集合です。

 

 

 

 

 

寮を早朝にバスで出発し、一路新千歳空港へ。

 

 

 

 

 

静岡空港で乗り継いで、無事に沖縄へ到着しました。

 

 

 

 

 

 

明日からは、いよいよ本格的な沖縄巡りとなります。

見学旅行結団式

本日4校時目に、2学年の見学旅行結団式が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 有意義な旅行になることを願っています!

10/4 2年生見学旅行結団式

 10/4(金)、来週の沖縄見学旅行に向けての結団式が行われました。引率団紹介後、今回の旅行団長である近藤教頭から「時間を守る」「マイナス発言をしない」など、旅行中の規律についてのお話をいただいた後、2年生を代表して松波君が力強く旅行に向けての意気込みを話していました。

 

 

来週10/7(月)~10/11(金)までの4泊5日、2年生は沖縄本島で平和学習・マリン体験など見聞を広めてきます。体調に気をつけて無事過ごしてくれることを期待しています。

 

 旅行中は現地より生徒の様子をこのホームページにUPする予定です。お楽しみに!!

10/3 インターンシップ報告会

10/3(木)、日高町内で就労体験をした生徒たち(キャリアデザインコース)12名によるインターンシップ報告会が行われました。

  

 就労体験した事業所ごと(今年度は10カ所の事業所)に発表が行われ、就労体験での「大変さ」や「やりがい」、「コミュニケーションの大切さ」など一人一人が感じたことを、事業所の方や教職員の前で堂々と発表していました。

  

 生徒たちは今回の就労体験(インターンシップ)を通じ、事前に「職業観」を養い、働くことの意義や大変さを身をもって理解することが出来たと思います。この度、生徒たちを受け入れて下さいました日高町内の各事業所の皆様、本当にありがとうございました。

  

 キャリアデザインコースの生徒たちは、スライドや原稿の作成など時間をかけ、この報告会に臨んでいました。人前での発表は本当に緊張したと思いますが、この経験がこれからの人生に絶対活きるはず。皆さん、本当にお疲れ様でした。

10/2 生徒会役員選挙

 10/2(水)4時間目、日高高校の未来を決める生徒会役員選挙が行われました。

 選挙に先立ち、校外大会で入賞した生徒の賞状伝達が行われました。生活体験発表大会(8/27実施)、高文連写真支部大会(9/12・9/13実施)で入賞した生徒たちに改めて校長先生より賞状が手渡されました。

 

 表彰伝達後、生徒会役員に立候補した生徒たちによる立ち会い演説が行われ、立候補した生徒たちは、日高高校の未来に対する想いや意気込みを全校生徒の前で力強く話し、清き一票をお願いしていました。

  

 演説後、生徒たちは各教室に戻り投票が行われ、次期生徒会役員が決定しました。当選した生徒会役員は、今後の日高高校を盛り上げて全校生徒を引っ張っていってください。期待しています。

  

〈次期生徒会役員〉

会長:2年関口君 副会長:2年田中君

議長:2年田嶋君 会計長:1年谷藤君

9/30 防災訓練

 9月30日(月)、防災訓練が行われました。6月に寮での避難訓練が行われましたが、今回は学校での避難訓練となりました。

 

 今回は学校授業中に地震が発生し、停電・火災発生という想定でした。実際に電気を消した真っ暗な校舎からの避難を体験できたことは、良い経験になったと思います。

 

 最後に日高西部消防組合の千葉様より講評をいただきました。お話の中でもあったように、ストーブの周辺にモノを置かないなど、日頃から備えられることは沢山あります。自分の部屋をしっかり管理し、万全の備えをしておきましょう。

9/13(金)第3回高校・産学合同パークゴルフ大会

 9/13(金)、絶好のパークゴルフ日和の下で「第3回高校・産学合同パークゴルフ大会」た開催されました。今年度、産学写真クラスは高文連写真支部大会のため、今大会は不参加でしたが、残った生徒たちと教職員で楽しく18ホールをラウンドしました。生徒たちは昨年よりも腕を上げ、ハイレベルな戦いとなり上位を独占していました。

〔結果〕

 団体戦:髙橋先生・2年岩崎くん・3年佐々木くんチーム

 個人戦:優 勝3年佐々木くん

     準優勝1年宇部くん・3年山本くん

  

 

9/6(金)体育大会

 9/6(金)に体育大会が行われました。天気予報では雨と予想されており心配されましたが、なんとか晴れ間が続き予定通り競技を行うことができました。

生徒・教職員が3チームに分かれ、様々な競技に取り組みました。午前中は、バレーボールとドッヂビーが行われました。

 

 

全員が一生懸命に競技に取り組んでいるのが印象的でした。

次に行われたのが、玉入れです。こちらも意外と(?)白熱した試合を展開しました。

その後、昼食のバーベキューを挟み、午後の競技であるサッカーと全員リレーに臨みます。

  

 

 

サッカーでは経験者が中心にゲームを作っていき、かなり見応えのある試合でした。全員リレーも、パン食い競争や運命走、車いす走など様々な種目を行い、こちらも接戦となりました。

勝ち負けに関係なく、全員笑顔で行事を締めくくることができました。また、しおりの表紙を作成してくれた2年関口くん、ありがとうございました。

 

9/5(木)心の健康教室(2・3年)

 9/5(木)、スクールカウンセラーの土井 敦子先生を講師にお迎えし、心の健康教室が行われました。今回は2・3年生を対象に、それぞれ1時間ずつ授業していただきました。

 初めに、現在の自分自身のエゴグラムを分析しました。昨年のものと比較し、5つの項目がそれぞれ変化したかを確認します。これには個人差があり、大きく変化した人もいれば、ほとんど変化のない人もいます。

 続いて、コミュニケーションの取り方について考えました。様々な言い方での「友人からの注意・指摘」に対して、自分がどのように感じるか想像し、より良い接し方について考えるきっかけになりました。

 

 土井先生も授業中に仰っていたように、人間関係・コミュニケーションは非常に繊細で、難しいものです。劇的に変化するものではありませんが、この日学んだことを少し意識して生活してほしいと思います。

9/1(日)日高管内高校創生フォーラム・ひだか未来塾

 9/1(日)、生徒会所属の生徒たちが「日高管内高校創生フォーラム」と「ひだか未来塾」に参加しました。

 三石町はまなすホールで行われた「日高管内高校創生フォーラム」では、日高管内の各高校の違いやそれぞれの特徴を、進学を控える中学生やその保護者に知ってもらうため、高校生がPRしました。本校からも2名が動画をもとにした発表を、立派にやり遂げていました。

 この発表を見てくれた中学生が、来年日高高校に入学してくれると嬉しいですね。

 新冠町のレ・コード館で行われた「日高管内青少年体験活動推進事業ひだか未来塾」では、管内の中高生が集まり、災害時の注意事項や行動を通して地域活動への興味関心を目的とした活動がありました。

初対面同士の生徒が多い中で、様々なグループ活動がなされ最初は緊張していた生徒たちも、次第に協力しながら活動に参加していました。

ろ過装置の作成や、災害時の非常食の試食、避難場所でどのような行動をすべきかなど、体験形式で学ぶことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

昨年あった大地震のように、災害はいつ起こるかわかりません。

そのときに協力し支えあうことの大切さを再確認できました。